キャッシングをよく理解できるサイト

このサイト(キャッシングまるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッシングっていったい何?そんな素朴な疑問を持っている人のために、キャッシングに関する基礎から役立つ情報まで広く網羅したのがこのサイトです!「キャッシングをしようと思っているけど、どういった手順で申し込めばいいかわからない…」、「お金を借りたことが勤務先や家族にバレのが怖い・・・」、「借りたお金の返済方法はどんな方法があるの?」などなど、キャッシングに関する疑問をお持ちの方には、是非ご覧になっていただきたい内容になっています。

キャッシングとは?


キャッシングとは、消費者金融などの金融機関が個人に対して行う小口の融資のことを言います。尚、銀行の住宅ローンなどの大口融資はキャッシングとは言いません。

キャッシングサービスを利用できる人


学生、主婦、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員、会社員、自営業者、公務員…などなど様々な人がキャッシングを利用できます。ただし、20歳以上69歳未満の方で安定した収入がある方に限ります。

キャッシングの申込方法


インターネット、電話、店頭での申込みが可能ですが、最近ではインターネットで申込みを行う人が圧倒的に多いです。申込みにあたっては、本人確認書類(身分証明書)が必要になります。借入金額多い場合や一部の金融機関では、収入証明書(給与明細や源泉徴収票)の提出を求められることもあります。尚、急いでキャッシングサービスを利用したい場合は、インターネットで申込みをして、本人確認書類をFAXで送るだけで即日融資を受けることも可能です。

審査の方法


金融機関によりもちろん基準は異なりますが、ほとんどの場合、勤務先、収入、他の金融機関からの借り入れ情報などを確認して審査を行います。審査を通過すれば契約となりますが、もちろん審査によっては通過できない場合も有ります。尚、キャッシングの審査には必ず在籍確認(会社に所属しているかの確認)があります。

借入限度額


貸金業者から借入をする場合は、年収の三分の一までが限度額になります。尚、この三分の一とは、全ての貸金業者からの合計借入額になります。つまり、A社、B社、C社を足した合計借入額が年収の三分の一に達した場合は、それ以上のお金を借りことができません。

実質年率


実質年率とは1年間お金を借りた場合の利息のことです。実質年率20%で100万を1年間借りた場合は、20万円が利息になります。半分の6ヵ月で返済をした場合は、支払う利息は10万円で済みます。返済期間が早ければ早いほど、支払う利息が少なくなるのが実質年率の特徴です。

借入、返済方法


借入方法は金融機関の用意しているATM・窓口での借り入れ、コンビニATMからの借り入れ、電話やインターネットでの指定口座振り込みなど多様な形があります。返済方法も同様に、金融機関の用意しているATMに入金、コンビニATMでの返済、インターネットバンキングを利用しての返済など様々です。尚、返済期日は毎月一定の日になります。返済期日までに決められた金額を毎月支払う必要があります。

以上が、キャッシングの申込み〜返済方法までの一連の流れになります。

キャッシングで気になるあれこれ


キャッシングを利用する際には他にも気になることがたくさんあるはずです。

キャッシングをしていることは勤務先の会社、家族にバレることはないのか?


借入をしていることが家族や会社にバレることはありません。キャッシングの審査には在籍確認が必要なため、金融機関から会社に電話がかかってきますが、個人名でかけてくれたり、キャッシングの在籍確認だとバレないようにさまざまな配慮をしてくれます。また、審査のタイミングで金融機関が家族に電話をするようなこともありません。

保証人は必要なのか?


必要ありません。キャッシングは小口の融資を目的としたサービスのため、保証人は必要ありません。その代わり銀行などの住宅ローンなどと比較すると、金利は高く設定されています。尚、出資法による上限金利は年利15%〜20%(貸出金額によって異なる)までとなっています。

返済が滞るとどうなるのか?


遅延損害金が発生します。また、何度も返済が遅れると、個人信用情報に事故情報として履歴が残り、次回のキャッシング審査に通りにくくなってしまいます。期日までに返済ができるようなしっかりとした返済計画を立てることが重要です。

テレビや映画であるような恐ろしい取り立てはあるのか?


ありません。仮に返済が遅れても、テレビや映画に出てくるような怖い人達が取り立てに来るようなことはありません。返済が遅れると、まず借入をした本人宛に電話がかかってきます。その電話で「いついつまでに返済します」と約束ができればいいのですが、金融機関からの電話を無視していると、今度は勤務先や家族に連絡が入ってしまいます。それでも返済されない場合は、金融機関の社員や債権回収業者が勤務先や自宅まで回収に来ますが、脅してお金を払わせるようなことはしません。いずれにしても、しっかりと期日までに返済をしている人にとっては無縁の問題です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新のキャッシングサービス人気ランキング!


 
キャッシングの比較 プロミス アコム モビット